経営理念&プロフィール

経営理念:「経営に関わるすべての人がしあわせになる会社づくりを支援します。」

私たちは、経営の戦略構築・実践の支援により経営者様の「経営力」の向上のお手伝いを通して、社員・取引先・顧客・地域が明るく元気になるような「しあわせな会社づくり」をサポートしていきます


[行動規範]
・私たちは事業構想力を持ってお客さまの「経営力」向上に一緒に取り組みます。
・私たちはお客さまとの十分な信頼関係を構築して「経営力」向上に一緒に取り組みます。
・私たちはお客さまの「経営力」向上の実践を貫徹すべく一緒に取り組みます。

<プロフィール>

代表社員 柴山幸司(中小企業診断士×税理士×行政書士)

1995年法政大学経済学部卒業後、東京国税局に入局、所得税及び法人税等の調査・審理等に従事。2007年より財務省にて情報ネットワーク企画立案業務に従事。2011年法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科修了(MBA:経営管理修士)。2011年中小企業診断士・税理士登録、日本政策金融公庫農業経営アドバイザー登録。柴山幸司税理士事務所を開設。2012年行政書士登録。農林漁業関係補助金審査員等各種審査業務に従事。大学院では農業経営について研究。税務・会計面より農業経営者を支援していきたいと思い、開業と同時に一般社団法人全国農業経営コンサルタント協会(※)に入会。その後、豊橋技術科学大学にて6次産業化人材育成事業に参加。(※)平成26年5月「農業の会計に関する指針」策定業務にも関わり、農業簿記検定監修者も務め、現在も精力的に活動中。

業務執行社員 白井康裕(中小企業診断士×植物工場管理経営士)

1989年静岡大学人文学部卒。大手印刷会社で約26年間にわたり法人企画営業に従事。静岡県内の金融機関を中心に流通・教育・食品会社など幅広い業種の得意先を担当し、主に販売促進・広告宣伝支援業務に携わる。また大手自動車の金融部門クレジットカード新規事業の立ち上げプロジェクトにも参画。カード・請求書発行業務のシステム開発及び運用支援から個人取引データを活用したCRM・販促業務支援に携わるとともに、業務系⇄販促系のシステムをつなぐ独自の視点での業務企画開発に取り組む。2012年中小企業診断士登録。最近では、従来から関心のあったアグリビジネスに深く関わるべく、豊橋技術科学大学の6次産業化及び最先端植物工場マネージャーの人材育成事業に約2年にわたり参加。農業経営学から植物工場栽培管理学など植物工場ビジネスの基礎を学ぶ。研究テーマは「キャベツ×ケール新品種の植物工場における栽培特性の研究」。2015年7月合同会社ベストプラクティス・マネジメントに参画。「経営力の向上」をキーワードに、従来の業務経験を活かした経営⇄マーケティング⇄営業販促の視点と新たな生産技術・管理手法の活用による経営支援とクラウドサービスを活用した業務改善支援など新しい視点での取り組みを推進するべく活動中。